効果と引き換えに副作用の心配

 

男性型脱毛症(AGA)に悩む人の人口が成人男性で約1260万人と言われてます。
その中で何らかの対策を行ったという人口は約600〜700万人とも言われています。

 

また最近は女性の社会進出に伴うストレスの増加などからでも薄毛に悩む方が増えていますから
男女ともに考えるとさらに相当数の方が薄毛に悩み、そして何らかの対策を行っているということが分かります。

 

 

 

薄毛対策の種類

 

薄毛対策としてどういった方法があるでしょうか。

 

今までは、一般的には育毛剤増毛法育毛サロンカツラなどが多いですね。
変わったところで黒い粉末を地肌が目立つところに振りかけてスプレーで固めるといった方法もあります。

 

しかし最近はコマーシャルなどの影響もあって関心も集まっており、
実際に病院で診療するケースも増えています。

 

病院で薄毛の治療ができるようになったのは画期的です。

 

 

従来は薄毛は努力とお金をかけて改善していくものでしたし、実際に改善できるのかと疑問があったのも確かでしょう。
しかし様々な研究の結果薄毛の改善方法も増え、また実際に結果も付いてくるようになりました。

 

外科的に自分の毛髪を植毛する自毛植毛法なども施術例は増加していますし
まさに外科的治療も実施例が増えてきており、それらを踏まえると相当に選択肢が増えました。

 

また薄毛の原因とその対策方法に関しても書籍を含め、普通に情報を取得することもできて
一般の方々の知識と情報を精査して選択できるようになりましたし、知識量も半端ないレベルに達していると思われます。

 

 

 

そんな中で病院でのAGA治療を選択する人も増えています。

 

やはり病院に行けば治るという感覚があるのでしょう。
実際にCMなどもそういう訴求をしています。

 

ではAGAの治療はどういったことが行われるのかですが、一般的には発毛薬の処方などになります。
いわゆるミノキシジルフィナステリドと言われる成分を含むお薬による治療ですね。

 

ミノキシジルが配合されているものとして、リアップとかロゲインなどが知られていると思います。
フィナステリドではプロペシアフィンペシアエフペシアなどの製品名で発売されています。

 

ミノキシジルはリアップなどが有名で頭皮に薬液を塗布するタイプは薬局で購入できますね。

 

タブレットタイプもありこちらは通常病院で処方されるお薬となります。

 

通販で販売されているケースもありますが、こちらは並行輸入品や個人輸入で販売されているもので、
医師の処方を経ないで購入できます。

 

ただし少し強い作用があるので、病院によっては処方しないところもありますし、
自己判断でのこういった薬の使用はオススメしません。

 

フィナステリドは内服用で病院で処方されます。

 

こういった薬の服用で治療を行っていくことになります。

 

 

 

進行具合にもよりますが、例えばミノキシジルは頭皮に塗るタイプが
あわせて内服薬としてフィナステリドが処方されるなど、
多くはこの2つの発毛成分の使用によって治療を行います。

 

この2つの薬はそれぞれ働きが違うので、相乗効果を狙って併用されることが多いです。

 

ミノキシジルは血行を改善することで発毛を促す効果、フィナステリドはテストステロンと5α-リダクターゼが結びついて
ジヒドロテストステロンというAGAの原因物質の発生を抑制します。

 

つまり発毛と抜毛の両面からアプローチするということです。

 

 

問題点

 

しかし、これらの薬の服用には問題もあって、
例えば副作用の問題や健康保険が適応されないことによる治療費の問題、
またAGAの進行抑制のためには薬を使用し続けなければならないという継続性の問題などです。

 

 

また薬を止めることによるリバウンドの発生(揺り戻し現象のようなもの)の懸念もあります。

 

もちろん個人差はあって必ず起こると言うものではありませんが、薬の使用を止めることで
血行は改善されることで改善されていた毛母細胞の働きが悪くなったりするなどの懸念は付きまといます。

 

 

AGAを抑え込もうと薬の使用を続ければ副作用の心配も出てくるなど、進む方も引く方もしんどい状況に
なってしまう可能性があります。

 

 

もちろん、薬に頼らず自毛植毛や最近ですとHARG(ハーグ)治療といって毛髪再生医療を用いた治療法も
確立されてきています。

 

自毛植毛は自分の後頭部等から採取した毛髪を毛根ごと薄毛の部分に移植する外科的施術です。

 

HARG療法は、毛周期を正常に戻す成分(幹細胞より抽出された成長因子、ビタミンやアミノ酸など
個人の症状に合わせた栄養素の混合薬)を直接頭皮下に注入してAGAの改善を図るものです。

 

どちらも90%以上は改善されることが期待できる手法です。

 

しかしどちらも高額な金額がかかり、簡単には受けられません。
(100万円は超えることが多いのではないでしょうか)

 

 

それと比べれば金額は安価にはなりますが、長期間に渡る治療はやはり経済的にはしんどいですね。

 

 

 

そして一番の懸念は副作用になります。

 

こういったAGA知良沢の使用は副作用との引き換えになる部分があることを承知して使用する必要があります。

 

 

副作用の具体的な症状

 

 

 

ミノキシジルの副作用

 

実際に確認されている副作用としてですが、これらは液体を塗布するタイプとタブレットでは
ミノキシジル濃度が違うので症状の重さなどは違います。

 

タブレットの方が濃度は濃いので、よりはっきりした症状となる傾向であること、
また皮膚に塗るよりは内服する形のものがより症状は重くなるものとご理解ください。

 

もともとミノキシジルは高血圧の降圧薬として処方されている薬でしたから
血圧を下げる作用があるようです。

 

それを含めてご紹介すると、

 

  • 皮膚のかゆみ
  • 頭痛(血圧に変化等も影響か?)
  • 低血圧
  • 動悸
  • 体毛が濃くなった
  • EDや性欲減退
  • 初期脱毛(使用初期に一時的に脱毛する症状)
  • 赤ら顔

 

これらの症状が懸念されます。

 

 

フィナステリドの副作用

 

フィナステリドに関してですが、ミノキシジルに比べると長期間の服用による症状の改善がみられる傾向に
あると考えてよいでしょう。

 

副作用ですが、

 

  • ED、性欲減退
  • うつ病ややる気がおきないなど精神的なもの
  • しんましん、かゆみ
  • ・肝機能障害
  • 精巣通、精子の現象

 

このような副作用が確認されています。

 

服用をやめると効果がなくなるなどの傾向もミノキシジルと同様にあります。
従ってAGAの症状を抑えるために服用を続けないとなりません。

 

うつなどの症状も確認されていて、ちょっと怖いですね。

 

稀だとは思われますが、後遺症なども報告があります。

 

主にはポストフィナステリド(PFS)症候群などがそうですが、
服用を中止しても性欲減退やEDなどの症状が続くといった症状だそうです。

 

ホルモンや内分泌系に作用してAGAを抑える効果が
結果体内の正常な機能を奪ってしまうということということなのでしょう。

 

 

またお子さんを妊娠されている女性には触らせてはなりません。

 

胎児が男の子だった場合、生殖器の形成に影響します。
通常錠剤はコーティングされていますが、万が一割れていたり亀裂があった場合に
誤って触れてしまうと影響が出ます。

 

 

奥さんは妊娠されることでこのフィナステリドの使用をやめる方も多く、
副作用とともにリスクのある薬剤になることがご理解いただけると思います。

 

 

ミノキシジル、フィナステリドなどの発毛成分の使用はオススメしません。

 

これまで解説したように、発毛剤、発毛薬の使用は相当にリスクを考えなければなりません。

 

また使用をやめるとリバウンドしたり、また薄毛に戻ったりするなど長期間の継続使用を
しなければならないというデメリットもあります。

 

 

近年、薄毛の対策は様々な方法が出て来ています。
また今まであったものも、その効果や信頼性も相当に高まっています。

 

 

例えば、ミノキシジルと比較した場合同等の発毛効果を持つM-034と言う成分も実用されています。

 

これはミツイシコンブという昆布から採取された成分ですが、自然由来で副作用の心配がないにも関わらず
ミノキシジルと同等の効果が証明されています。

 

 

実際に育毛剤に配合され市販されていますが、利用者の97%が効果を実感し満足しているという
数値もあり、非常に高い顧客満足度を出しています。

 

その他にも頭皮環境の改善、血行改善、保湿作用、育毛作用等々の成分を効果的に配合し
安全に薄毛対策ができるようになっています。

 

 

高い費用を投じて、また副作用の不安を持ちながらAGA治療をするなら、
安全に育毛剤を使って薄毛対策、育毛対策をしてみてはいかがでしょう。

 

 

オススメはチャップアップです。

 

 

 

上手なやめ方

 

ミノキシジルやフィナステリドはいきなりやめるとリバウンドの心配もあります。
もし使用を止めてリバウンドが著しい場合は徐々に使用を減らし、育毛剤などに切り替えていくのが良いと思います。

 

ただし個人差もあるので、使用を止めて状問題ないようであれば育毛剤に切り替えてもよいですね。

 

副作用がすでに大きい場合はできるだけ早く発毛薬の使用は止めた方がいいです。

 

いずれにしても発毛剤によるAGAの進行抑制や発毛効果は薬によるものです。
発毛薬の使用を止めてもAGAが再発しなかったということもありますが、それは実際にはどうなるか分かりません。

 

副作用も出ないかもしれませんが、やはり安全に薄毛育毛対策を行っていくのが理想です。

 

 

ミノキシジルなどを使って間もないのであれば、速やかに使用は止めて、
チャップアップなどの育毛剤に切り替えることをオススメします。

 

 

 

 

 

 

>> 公式サイトでチャップアップの詳細が確認できます。 <<